細胞検索

細胞検索
キーワード:
  

お願い

• メールでお問い合わせいただく場合は、タイトルの先頭に細胞の2文字の入力をお願い致します。
• MAIL NEWS送信にお申し込み下さい。
(新着情報等が配信されます)


各種お問い合わせ先

MAILNEWS 20130307号(電子メール版)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
RIKEN BioResource Center, Cell Bank
   MAILNEWS  20130307号(電子メール版)
      https://www.brc.riken.jp/lab/cell/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

=============================================
■ 2013年度 2月 新規提供細胞材料のお知らせ
■ 疾患特異的iPS細胞の公開情報について
■ Hep G2細胞の由来について
■ 技術研修費用について
■ 日本農芸化学会2013年度大会 開催のお知らせ
■ 提供受付連絡メール、発送完了連絡メールの配信のお知らせ
■ 発送日のお知らせ
■ ひとりごと
=============================================

次号からの MAILNEWS の配信中止をご希望の方 →cellbank.brcriken.jpへ
     所属、氏名、メールアドレスをお知らせ下さい。

==================================================
■ 2013年度 2月 新規提供細胞材料のお知らせ
==================================================

https://www.brc.riken.jp/lab/cell/rcb/shinkiteikyou.shtml

◎ ヒトiPS細胞(HPS) 新規提供細胞材料 2株
HPS0076 409B2 エピソーマルベクター (pCXLE ) によりヒト6因子
    (Oct3/4, Sox2, Klf4, L-Myc, Lin28, p53に対するshRNA) を導入。
    導入細胞には、導入遺伝子は残っていない。
HPS0077 454E2 エピソーマルベクター (pCXLE ) によりヒト6因子
    (Oct3/4, Sox2, Klf4, L-Myc, Lin28, p53に対するshRNA) を導入。
    導入細胞には、導入遺伝子は残っていない。

◎ ヒト疾患特異的iPS細胞(HPS) 新規提供細胞材料 22株
HPS0064 糖原病1b型患者由来。センダイウイルスを用いて4因子
    (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0070 ミトコンドリア病患者由来。センダイウイルスを用いて
    4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0072 K11PD17 網膜色素変性症患者の皮膚線維芽細胞に
    レトロウイルスにより4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0073 K21S4 網膜色素変性症患者の皮膚線維芽細胞に
    レトロウイルスにより4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0074 K31M28 網膜色素変性症患者の皮膚線維芽細胞に
    レトロウイルスにより4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0075 K32M17 網膜色素変性症患者の皮膚線維芽細胞に
    レトロウイルスにより4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0078 ベルナール・スーリエ症候群患者由来。
    レトロウイルスにより3因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4) を導入。
HPS0087 iOTC4 オルニチントランスカルバミナーゼ欠損症患者由来
    (RCB0492:OTCD1TKB由来) 。センダイウイルスを用いて4因子
    (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入
HPS0090 ペリツェウス・メルツバッハー病患者由来。
    レトロウイルスにより4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0097 家族性パーキンソン病 PARK2患者由来。
    レトロウイルスにより4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0100 家族性パーキンソン病 PARK8患者由来。
    レトロウイルスにより4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0117 CiRA086Ai-m1 CINCA症候群患者由来。
    レトロウイルスにより4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0119 CiRA188Ai-M1 CINCA症候群患者由来。
    レトロウイルスにより4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0120 CiRA188Ai-W1 CINCA症候群患者由来。
    レトロウイルスにより4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0129 孤発性筋萎縮性側索硬化症 (classical, with UMN) 患者由来。
    センダイウイルスを用いて4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0133 三好型筋ジストロフィー患者由来。センダイウイルスを用いて4因子
        (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0134 孤発性筋萎縮性側索硬化症 (pseudo-polyneuritic, w/o UMN) 患者由来。
        センダイウイルスを用いて4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0140 家族性筋萎縮性側索硬化症患者由来。センダイウイルスを用いて4因子
        (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0143 先天性筋繊維タイプ不均衡症患者由来。センダイウイルスを用いて
        4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0146 孤発性筋萎縮性側索硬化症 (bulbar, with UMN) 患者由来。
        センダイウイルスを用いて4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0149 iTS1 Tay-Sachs病 (RCB0697 GM2-1TKB) 患者由来。センダイウイルス
    を用いて4因子 (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。
HPS0175 ポンぺ病患者由来。センダイウイルスを用いて4因子
        (Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc) を導入。

◎ マウスES細胞 (AES) 新規提供細胞材料 1株
AES0173 Bf1-Venus K/I EB3 マウスES細胞株EB3の亜株。 
    Bf1 (Foxg1) 遺伝子部位にVenusがノックインされている。

◎ 後藤コレクション細胞 (GMC) 新規提供細胞材料 3株
GMC0013 B0096 ウエルナー症候群患者由来のEBウイルス形質転換B細胞株。
GMC0021 A0022 ウエルナー症候群患者由来の初代培養付着性細胞。
GMC0026 B0076 ウエルナー症候群患者由来のEBウイルス形質転換B細胞株。

◎ 動物由来細胞、ヒト由来細胞 新規提供細胞材料 2株
RCB2863 N14.5 SV40ウイルスのlarge T抗原のts株であるtsA58mutant
    遺伝子を導入したをラットの視交叉上核由来細胞。
    39℃で視交叉上核腹外側部Vasoactive intestinal peptide (VIP) 
    発現細胞に分化、NMDA刺激に応答して時刻依存的にPer1、Per2遺伝子
    発現誘導を惹起。
RCB2864 OLP6 SV40ウイルスのlarge T抗原のts株であるtsA58mutant 
    遺伝子を導入したをラットの視交叉上核由来細胞。
    39℃でoligodendrocyteに分化、リゾホスファチジン酸刺激でMyelin
    Basic Protein (MBP) が発現。

◎ 日本人由来不死化細胞株 (EBV transformed B cell : HEV)
  新規提供細胞材料 5株
  健常人由来
   HEV0101、HEV0121、HEV0156、HEV0218、HEV0477

==================================================
■ 疾患特異的iPS細胞の公開情報について
==================================================

倫理的な配慮から、通常の細胞株ならば公開している試料付随情報の一部を
秘匿しております。
研究上必要な情報がございましたらば、当方までお問い合わせください。
   お問い合わせ先:cellqa.brcriken.jp

=============================================
■ 技術研修費用について
=============================================

今年度まで下記の技術研修は無償にて行っておりましたが、
平成25年度より、有償となります。
詳細につきましては、平成24年3月末にホームページにてご案内いたします。
*ヒトES細胞の取扱いに関する技術研修
*ヒトiPS細胞の凍結保存技術(簡易ガラス化法)に関する技術研修

=============================================
■ Hep G2細胞の由来について
=============================================

Hep G2細胞は肝細胞癌Hepatocellular carcinoma由来
として提供してきました。
しかし最近、Hep G2細胞の樹立者を含む著者らが、
Hepatoblastoma由来である可能性が高いと
論文を発表している事に気付きました。
 詳細はこちら
  https://www.brc.riken.jp/lab/cell/rcb/hep_g2.shtml

=============================================
■ 日本農芸化学会2013年度大会 開催のお知らせ
=============================================

日本農芸化学会2013年度大会が開催されます。
理研BRCのパネル展示を行います。
ぜひお立ち寄り下さい。
  展示会期 2013年 3月 25日(月)- 27日(水)
  展示会場 東北大学川内キャンパス
 詳細はこちら
  http://www.jsbba.or.jp/2013/

=============================================
■ 提供受付連絡メール、発送完了連絡メールの配信のお知らせ
=============================================

平成25年3月1日(金)より、
提供受付連絡メールの配信、
発送完了連絡メールの配信、
細胞の到着の状況・培養状況等についてのウエブによる配信
を開始いたします。
業務の円滑な運用のため、特殊な事情がない限り、提
供依頼書にメールアドレスのご記入をお願い申し上げます。
 詳細はこちら
  https://www.brc.riken.jp/lab/cell/news/20130228.shtml

=============================================
■ 発送日のお知らせ
=============================================

3月19日(火)の発送はありません。
3月26日(火)の発送分の締切は、3月19日(火)17時到着分まで
  請求書は、年度内の発行となります。

=============================================
■ ひとりごと
=============================================

今冬の寒さは厳しく、桜の開花が待ち遠しい今日この頃です。
ヒト疾患特異的iPS細胞の整備も進み、提供できる細胞も増えました。
皆様のご利用をお待ちしております。

K. S.

--------------------------------------------------------------------
■メールニュースの配信について
※ 誠に勝手ながら、当メールへの返信による細胞材料等の
  お問合せは承っておりません。
  ご質問は、新規メッセージとして
  細胞材料開発室QA係 ( cellqa.brcriken.jp ) までお送り下さい。
※ 当メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等により
  メールニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は
  行いません。
  発行済みのメールニュースは下記のwebサイトで公開しておりますので
  そちらをご覧下さい。
  https://www.brc.riken.jp/lab/cell/mail_news/

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽
発行
理化学研究所・バイオリソースセンター
細胞材料開発室
cellqa.brcriken.jp : 細胞材料、培養に関する質問
cellbank.brcriken.jp : 上記以外の質問
https://www.brc.riken.jp/lab/cell/ 
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

2013.03.07

誤字を修正しました。 (2013.05.16)