MAILNEWS 20080229号(電子メール版)

(最終更新日:2014年1月14日)

=============================================================
■ バイオリソースの提供手数料の設定と改定のお知らせ
■ アンケート(プラスチックチューブ導入について)の集計結果
■ NBRPシンポジウム開催のご案内
■ 2008年3月 発送日のお知らせ
=============================================================

次号からの MAILNEWS の中止をご希望の方 → cellbank.brcriken.jp
所属、氏名、メールアドレスをお知らせ下さい。

=====================================================
■ バイオリソースの提供手数料の設定と改定のお知らせ
=====================================================

平素より当室にご支援、ご協力を戴きありがとうございます。
今回、下記のように提供手数料の設定と改定をさせていただくことと
なりました。何卒、よろしくお願い申し上げます。
2008年3月6日(木)17:00までに提供依頼をいただいたバイオリソースは、
従来の手数料にて提供させていただきます。
それ以降の提供依頼は、新しい手数料にて提供させていただきます。

詳細はこちら
http://www.brc.riken.go.jp/inf/news/20080222.html

=============================================================
■ アンケート(プラスチックチューブ導入について)の集計結果
=============================================================

アンケート調査に多くの方からご協力をいただきました。
ありがとうございました。
プラスチックチューブの導入に反対されるご意見は少数でしたので、
使用チューブの種類等に関して検討をしたうえで、なるべく早い時期に
導入を試みたいと思います。ご理解とご協力をお願い申し上げます。

アンケート集計結果はこちら
http://www.brc.riken.go.jp/lab/cell/news/enquete2007_report.shtml

===============================================
■ NBRPシンポジウム開催のご案内
===============================================

文部科学省では、新たなバイオリソースを加え、2010年に世界最高水準のバ
イオリソースの整備を目指して,第2期「ナショナルバイオリソースプロジェク
ト(NBRP)」を2007年度から開始しました。
この第2期NBRPの開始にあたって、NBRPキックオフシンポジウムが2008年3月10
日(月)に東京で開催されます。当開発室からはパネル展示を行う予定です。
また、今回のシンポジウムでは、新規に採択されたすべてのリソースの事業紹
介を行います。皆様ぜひ、ご参加下さい。
なお、参加は無料ですが、登録が必要です。

参加登録はこちら
http://www.biomethod.jp/serv/seminar0310/new.html

タイトル:「生命科学の未来を拓くバイオリソース」
日時:2008年3月10日(月)10:00~17:00
会場:如水会館(東京)

プログラム詳細はこちら
http://www.biomethod.jp/08nbrp/index.html

ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)
http://www.nbrp.jp/index.jsp

===============================================
■ 2008年3月 発送日のお知らせ
===============================================

2008年3月18日(火)の発送はありません。
3月6日(木)午後5時以降の依頼書の受付分は、3月25日(火)の発送となり
ます。
3月25日発送の請求書の発行は、2008年4月1日以降となりますのでご注意く
ださい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■メールニュースの配信について
※ 誠に勝手ながら、当メールへの返信による細胞材料等の
お問合せは承っておりません。
ご質問は、新規メッセージとして
細胞材料開発室QA係 ( cellqa.brcriken.jp ) までお送り下さい。
※当メールニュース受信者各位機関のサーバーメインテナンス等により
メールニュースをお届けできない場合でも、メールニュースの再発行は
行いません。
発行済みのメールニュースは当開発室のwebサイトで公開しておりますので
そちらをご覧下さい。
https://www.brc.riken.jp/lab/cell/mail_news/

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽
発行
理化学研究所・バイオリソースセンター
細胞材料開発室
cellqa.brcriken.jp : 細胞材料、培養に関する質問
cellbank.brcriken.jp : 上記以外の質問
https://www.brc.riken.jp/lab/cell/
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

2008.2.29



コメントは受け付けていません。