MAILNEWS 20070312号(電子メール版)

(最終更新日:2014年1月14日)

=============================================
■ 研究用ヒト臍帯血幹細胞(Ficoll処理)提供開始のお知らせ
■ 2007年度 2月 新規提供細胞材料のお知らせ
■ 学会のお知らせ
■ 発送日のお知らせ
■ お願い
■ ひとりごと
=============================================

次号からの MAILNEWS の中止をご希望の方 → cellbank.brcriken.jp
所属、氏名、メールアドレスをお知らせ下さい。

=============================================
■ 研究用ヒト臍帯血幹細胞(Ficoll処理)提供開始のお知らせ
=============================================

Ficoll法を用いて臍帯血から分画した有核細胞画分(保護剤添加にて凍結)の提
供を開始しました。

https://www.brc.riken.jp/lab/cell/hcb/search_hcb.shtml

=============================================
■ 2006年度 2月 新規提供細胞材料のお知らせ
=============================================

2月に新規に提供可能となった細胞材料のお知らせです。
細胞材料を寄託して頂いた先生方には、室員一同、心より御礼申し上げます。

◎ 動物由来細胞、ヒト由来細胞
新規提供細胞材料 30株
http://www.brc.riken.go.jp/lab/cell/rcb/shinkiteikyou.shtml

RCB1933  NALM-6     ヒトB細胞白血病細胞由来細胞株。
RCB1934  HUT78      Sezary症候群患者のT細胞に由来する細胞株。
IL-2を産生。
RCB2013  GMR3      抗N-glycolylneuraminic acid-containing
gangliosides (GD3 gangliosides)抗体産生。
RCB2014  GMB7      抗 GD2 gangliosides (b-pathway
gangliosides)抗体産生。
RCB2015  GMR8      抗N-glycolylneuraminic acid-containing
gangliosides (GD3 gangliosides)抗体産生。
RCB2016  AMR19      抗 ganglioside lactones 抗体産生。
RCB2021  GGR41      抗 GQ1ba gangliosides 抗体産生。
RCB2024  UV・BAL-3.3   マウス線維芽細胞様細胞株。紫外線照射によって
樹立。
RCB2025  UV・BAL-5.4G  マウス線維芽細胞様細胞株。紫外線照射によって
樹立。
RCB2037  NGR54      抗 2-3NeuAca-nLc4Cer gangliosides 抗体産生。
RCB2104  HuO-3N1     ヒト骨肉腫由来細胞株。
RCB2108  NH-12      ヒト神経芽細胞腫由来細胞株。
RCB2132  SK-BR-3     ヒト乳癌由来細胞株。TKG0592(東北大学医用細
胞資源センターからの寄託)。
RCB2135  NIH:OVCAR-3   ヒト卵巣癌由来細胞株。Adenocarcinoma
RCB2143  DU-145     ヒト前立腺癌由来細胞株。脳転移巣細胞から樹立。
RCB2156  UBE6T-6     ヒト間葉系細胞株。骨髄由来。Bmi-1, HPV E6及
びhTERTにて不死化。
RCB2157  UBE6T-7     ヒト間葉系細胞株。骨髄由来。Bmi-1, HPV E6及
びhTERTにて不死化。
RCB2158  UE7T-9     ヒト間葉系細胞株。骨髄由来。HPV E7及びhTERT
にて不死化。
RCB2159  UE6E7T-11    ヒト間葉系細胞株。骨髄由来。HPV E6, HPV E7及
びhTERTにて不死化。
RCB2160  UE6E7T-12    ヒト間葉系細胞株。骨髄由来。HPV E6, HPV E7及
びhTERTにて不死化。
RCB2161  UE7T-13     ヒト間葉系細胞株。骨髄由来。HPV E7及びhTERT
にて不死化。
RCB2162  UBE6T-15    ヒト間葉系細胞株。骨髄由来。Bmi-1, HPV E6及
びhTERTにて不死化。
RCB2163  UE6E-16     ヒト間葉系細胞株。骨髄由来。HPV E6及びHPV
E7にて不死化。
RCB2176  BD129fc-1    マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雌マ
ウス((C57BL/6 x DBA2) x 129/Sv)に由来。
RCB2177  BD129fc-2    マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雌マ
ウス((C57BL/6 x DBA2) x 129/Sv)に由来。
RCB2237  HE16      ヒト線維芽細胞様細胞。胎児由来。初代培養細胞。
RCB2238  HE18      ヒト線維芽細胞様細胞。胎児由来。初代培養細胞。
RCB2278  GSU       ヒト胃癌由来細胞株。腹水中の細胞より樹立。
RCB2324  MIH5(RPMI)   ハイブリドーマ。抗マウスB7-H1抗体産生。
PRMI1640培地で培養可能。
RCB2325  EBRTcH3     マウス胚性幹細胞株。テトラサイクリン誘導発現
系を構築するのに便利な細胞株。

=============================================
■ 学会のお知らせ
=============================================

第6回日本再生医療学会総会が、2007年3月13日(火)、14日(水)に、パシフィ
コ横浜において開催されます。理研バイオリソースセンター・細胞材料開発室は実
験動物開発室と合同でブース展示を行います。ぜひ、お立ち寄りください。

第6回日本再生医療学会総会
テーマ:科学技術・倫理のシンクロナイゼーションに基づく再生医療
開催日:2007年3月13日(火)、14日(水)
会 場:パシフィコ横浜

詳細はこちら
http://www.congre.co.jp/jsrm2007/

=============================================
■ 2007年 3月 発送日のお知らせ
=============================================

3月20日(火)の発送はございません。

=============================================
■ お願い
=============================================

平素、細胞材料開発室のご利用及びお問い合わせありがとうございます。
当室へメールでお問い合わいただく際は、タイトルの先頭に「細胞」の2文字の入
力をお願い致します。
当室へは、毎日200-300通の迷惑メールがあり、それらと区別し、廃棄しないた
めです。

cellqa.brcriken.jp :細胞材料、培養に関する質問
cellbank.brcriken.jp:上記以外の質問

=============================================
■ ひとりごと
=============================================

前号の配信は1月でした。
早くも目標の「メールニュースは遅れずに!」を守れませんでした。
よって、今月の新規提供細胞材料は30株となりました。
次号も新規提供細胞材料は30株、そしてなるべく早く配信したいと思います。

桜の開花が早そうですね。

K.S.記

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■メールニュースの配信について
※ 誠に勝手ながら、当メールへの返信による細胞材料等の
お問合せは承っておりません。
ご質問は、新規メッセージとして
細胞材料開発室QA係 ( cellqa.brcriken.jp ) までお送り下さい。

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽
発行
理化学研究所・バイオリソースセンター
細胞材料開発室
cellqa.brcriken.jp : 細胞材料、培養に関する質問
cellbank.brcriken.jp : 上記以外の質問
https://www.brc.riken.jp/lab/cell/
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

2007.03.12



コメントは受け付けていません。