MAILNEWS 20050525号(電子メール版)

(最終更新日:2014年1月14日)

=============================================
■ 2005年度 5月 新規提供細胞材料のお知らせ
■ 利用者成果 登録の御願い
■ 日本組織培養学会 第78回
■ ひとりごと
=============================================

次号からの MAILNEWS の中止をご希望の方 → cellbank.brcriken.jp
所属、氏名、メールアドレスをお知らせ下さい。

=============================================
■ 2005年度 5月 新規提供細胞材料のお知らせ
=============================================

5月に新規に提供可能となった細胞材料のお知らせです。
細胞材料を寄託して頂いた先生方には、室員一同、心より御礼申し上げます。

◎ 動物由来細胞、ヒト由来細胞
新規提供細胞材料 10株
https://www.brc.riken.jp/lab/cell/search/shinkiteikyou.shtml

RCB1564 ψCRIP-RxnZ
RCB1652 G1MF285D
RCB1709 GE1
RCB1788 AT805
RCB1791 PCC3/A/1
RCB1792 SIL-6/1
RCB1821 CHO-FLAG-hBLT1
RCB1822 CHO-HA-hBLT2
RCB1823 CHO•1F8
RCB1859 MDBK-NST

=============================================
■ 利用者成果 登録の御願い
https://www.brc.riken.jp/lab/cell/result/
=============================================

理研・BRC細胞材料開発室由来の細胞材料を用いた研究成果を刊行された場合は、
別刷を1部送付願います。 成果発表の際には、RIKEN CELL BANKから提供を受けた
ことをご記載下さい。
送付いただいた論文等は「当バンク細胞材料を利用した文献」
https://www2.brc.riken.jp/lab/info/cell/reflist.shtml)に掲載させていただき
ます。

また、送付をお忘れの方、記載をお忘れの方も、是非、お送り下さいますよう
お願い申しあげます。

送付先
〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1
理化学研究所 バイオリソースセンター
細胞材料開発室

=============================================
■ 日本組織培養学会 第78回
http://jtca.dokkyomed.ac.jp/JTCA/meet/y2005/78-index.html
=============================================

◎ 当室の業務、研究成果を発表致します。
シンポジウム1 「細胞培養の品質管理」-その現状と未来-
S1-6 理研BRC(バイオリソースセンター)における細胞バンク事業の
現状と今後の展望
○中村 幸夫

O1-2-2 カニクイザルES細胞の維持および血球分化誘導に有用な
Feederの探索
理化学研究所 バイオリソースセンター 細胞材料開発室
○寛山 隆、青木 尚子、三原田 賢一、須藤 和寛、中村 幸夫

O1-2-3 簡便で効率よい霊長類ES細胞の凍結保存法の確立
京都大学 再生医科学研究所付属 幹細胞医学研究センター
霊長類胚性幹細胞研究領域1)
理化学研究所 バイオリソースセンター 細胞材料開発室2)
京都大学 再生医科学研究所 発生分化研究分野3)
○藤岡 剛1,2)、安近 健太郎1)、中村 幸夫2)、中辻 憲夫3)、
末盛 博文1)

O2-1-1 ヒト臍帯血からの効率的赤血球誘導方法の開発
独立行政法人 理化学研究所 バイオリソースセンター
細胞材料開発室1)
筑波大学 臨床医学系 血液内科2)
○三原田 賢一1,2)、寛山 隆1)、須藤 和寛1)、長澤 俊郎2)、
中村 幸夫1)

=============================================
■ ひとりごと
=============================================

筑波の街路樹の緑が鮮やかな季節となりました。
この爽やかな季節が過ぎると、あのカビの季節がやってきます。

さて、良くあるお問い合わせで、
「抗生物質を添加して培養しても良いでしょうか。」という質問があります。
当室では、バクテリア、カビ等のコンタミを早く発見するために抗生物質を無添加で
培養しています。よって、提供時に添付する細胞データシートの Antibiotics conc.
は Free となっています。
利用者の方々が培養時に通常濃度範内での添加は可能です。

MAILNEWSについての御意見、御要望がありましたら、
cellqa.brcriken.jpまで、御願いいたします。
お待ちしております。   K.S. 記

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■メールニュースの配信について
※ 誠に勝手ながら、当メールへの返信による細胞材料等の
お問合せは承っておりません。
ご質問は、新規メッセージとして
細胞材料開発室QA係 ( cellqa.brcriken.jp ) までお送り下さい。

△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽
発行
理化学研究所・バイオリソースセンター
細胞材料開発室
cellqa.brcriken.jp : 細胞材料、培養に関する質問
cellbank.brcriken.jp : 上記以外の質問
https://www.brc.riken.jp/lab/cell/
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

2005.05.25



コメントは受け付けていません。