細胞検索

細胞検索
各種 索引一覧もあります。
キーワード:
※ しぼり込み検索は、単語と単語の間にスペース(半角空白文字)を入力して下さい。
  
Update information

●新規提供株のリストはこちら
オンラインカート停止のお知らせ

細胞材料の提供について

提供までのフロー図
提供申込み
リソースの提供手数料
細胞発送予定日
12月19日(火)が年内最終発送日です。
1月9日(火)の発送分の申込締切は、
 12月27日(水)17時到着分までです。
細胞材料の送付
送付された細胞材料の再培養方法
ガラスアンプル融解方法
送付された細胞材料の再培養方法 (HPS・HES)
培養マニュアル
品質検査
よくある質問(FAQ)

お願い

• メールでお問い合わせいただく場合は、タイトルの先頭に細胞の2文字の入力をお願い致します。
• MAIL NEWS送信にお申し込み下さい。
(新着情報等が配信されます)


各種お問い合わせ先

細胞の継代方法


【付着細胞】

1. 準備するもの

  • 対象:細胞
  • 培地
  • PBS(-)
  • トリプシン等
  • 培養容器・培養器具・機器等

2. 継代操作

  1. 培地・PBS(-)を室温に戻す。
  2. 顕微鏡観察により、細胞が80~90%程度のコンフルエントであることを確認する。
  3. 細胞表面を傷つけないように容器を傾けながら古い培地を除き、PBS(-)を培養容器の壁に沿って静かに入れ、容器をゆっくり2~3回傾けて細胞表面を洗ったあとPBS(-)を除く。(x2)
      注)培地やPBS(-)を除いた際に細胞表面が乾いてしまうと、細胞が死んでしまうので注意する。
  4. トリプシン等を適量添加し、容器を傾けるなどして、細胞全体に行きわたらせた後、インキュベートする。
      (60mmdishの場合は0.5ml程度)
  5. 顕微鏡で細胞が丸くなり剥がれ始めたのを確認する。
      注)トリプシン処理の時間が長すぎると細胞の生存に影響する。
  6. 血清入り培地等を加えトリプシンの活性を止め、穏やかにピペッティングを行い、細胞を培養容器から剥がすと同時に細胞を分散させる。Trypsin-EDTA(※)使用時は遠心してTrypsin-EDTAを取り除く。
      (※)細胞を全て回収して遠心後(1000rpmx3~5min)、上清を捨て、新しい培地で細胞を再懸濁する。
  7. 新しい培養容器に培地を入れ、細胞懸濁液を播種する。(継代密度はデータシート参照)
      継代密度は細胞の状態によって調整する。
  8. 培養容器を軽く揺すり、細胞を均一にする。
  9. 顕微鏡で細胞を確認する。
  10. インキュベーターに入れる。(温度はデータシート参照)

ニコニコ動画 RikenBRCチャンネル

6.継代操作(付着細胞)[1]-[4] 7.培地交換(付着細胞)

【浮遊細胞】

1. 準備するもの

  • 対象:細胞
  • 培地
  • 培養容器・培養器具・機器等

2. 継代操作

  1. 培地を室温に戻す。
  2. 顕微鏡観察により、細胞が80~90%程度のコンフルエントであることを確認する。
      <コンフルエントの見極め方>
     ・目安としては培地がやや黄色くなる。
     ・下の写真参照。

  3. 培養液を穏やかにピペッティングし、細胞を分散させる。
  4. 新しい培養容器に培地を入れ、細胞懸濁液を播種する。(継代密度はデータシート参照)
  5. 培養容器を軽く揺すり、細胞を均一にする。
  6. 顕微鏡で細胞を確認する。
  7. インキュベーターに入れる。(温度はデータシート参照)

RCB0041コンフルエント

ニコニコ動画 RikenBRCチャンネル

8.継代操作(浮遊細胞)[1]-[3] 9.培地交換(浮遊細胞)[1]-[2]