細胞検索

細胞検索
キーワード:
  

お願い

• メールでお問い合わせいただく場合は、タイトルの先頭に細胞の2文字の入力をお願い致します。
• MAIL NEWS送信にお申し込み下さい。
(新着情報等が配信されます)


各種お問い合わせ先

ヒト細胞材料の安全性・取扱について


arrow 1 ) 細胞材料の安全性について

arrow 2 ) 細胞材料について

arrow 3 ) 「生命倫理・安全に対する取組」についてのお知らせ(文部科学省)


1 ) 細胞材料の安全性について

当室で提供している細胞の安全性に関してですが、動物由来細胞に関しましては、特にウイルス検査等は実施しておりません。 ヒト由来細胞株に関しまして は、全てのヒト由来細胞株に関して全ての感染症検査を実施してはおりません。基本的なスタンスと致しましては、

(1) 肝臓由来細胞に関してはB型及びC 型肝炎ウイルスに関する検査を実施する
(2) 血液系細胞に関しては、細胞の種類を問わず、HIV, HTLV-1

に関する検査を実施する、という方針であります。

「研究用ヒト臍帯血」「研究用ヒト間葉系幹細胞」に関しましては、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、HIV、HTLV-1、梅毒に関する検査を実施し、全てに関して陰性であった試料です。

しかし、こうした検査には偽陰性の場合もありますし、未知なる感染症の可能性を完全に払拭することも不可能であります。 従って、細胞を取扱う際には、試料には危険性があることを十分に認識し、安全キャビネットの使用、実験用手袋・実験用メガネ・マスクの着用等、十分な安全対策をもって使用して頂くことをお願い致します。


 
2 ) 細胞材料について

理研BRC細胞材料開発室は、ヒト及び動物由来の細胞材料を国内外の研究者に広く提供することを目的に、1988年より細胞バンク事業を実施しています。ヒト由来細胞につきましては、倫理的な配慮が必要となります。
細胞バンク発足当初から提供しておりますヒトがん細胞株等につきましては「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針(以下、ゲノム指針)」の中の用語の定義に記載されている 「ただし、」以降の試料に該当するものと判断され(下記に抜粋)、ゲノム指針の対象としての取扱いはしておりません。利用者の皆様におかれましても、ゲノム指針の対象外試料として使用して頂くことが可能であると判断しております。
一方で、上記には該当しないヒト細胞も多数ご提供しております。ご利用条件は、インフォームド・コンセントの内容や寄託者のご意向を反映して、細胞毎に異なります。ヒト細胞のご利用に当たりましては、ホームページをご参照していただき、倫理的な手続きが必要な場合には、該当する手続きを実施して頂きたく、宜しくお願い致します。ご不明な点は、遠慮なく電子メールにてお問い合わせください。

参照:「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」(文科省、厚労省、経産省、平成13年4月1日施行)からの抜粋

22 用語の定義
(1)試料・情報
ヒトゲノム・遺伝子解析研究に用いようとする血液、組織、細胞、体液、排泄物及びこれらから抽出した人のDNA等の人の体の一部並びに提供者の診療情報、遺伝情報その他の研究に用いられる情報(死者に係るものを含む。)をいう。
ただし、学術的な価値が定まり、研究実績として十分に認められ、研究用に広く一般に利用され、かつ、一般に入手可能な組織、細胞、体液及び排泄物並びにこれらから抽出した人のDNA等は、含まれない。