細胞検索

細胞検索
各種 索引一覧もあります。
キーワード:
※ しぼり込み検索は、単語と単語の間にスペース(半角空白文字)を入力して下さい。
  
Update information

●新規提供株のリストはこちら
オンラインカート停止のお知らせ

細胞材料の提供について

提供までのフロー図
提供申込み
リソースの提供手数料
細胞発送予定日
12月19日(火)が年内最終発送日です。
1月9日(火)の発送分の申込締切は、
 12月27日(水)17時到着分までです。
細胞材料の送付
送付された細胞材料の再培養方法
ガラスアンプル融解方法
送付された細胞材料の再培養方法 (HPS・HES)
培養マニュアル
品質検査
よくある質問(FAQ)

お願い

• メールでお問い合わせいただく場合は、タイトルの先頭に細胞の2文字の入力をお願い致します。
• MAIL NEWS送信にお申し込み下さい。
(新着情報等が配信されます)


各種お問い合わせ先

Hep G2細胞の由来について


Hep G2細胞(RCB1648、RCB1886)を使用されている研究者の皆様へ

平成25年3月7日

(RIKEN BRC Cell Bank MAILNEWS 20130307号より)

当室から提供しているHep G2細胞は、肝細胞癌Hepatocellular carcinoma由来として提供してきました。
しかし最近、Hep G2細胞の樹立者を含む著者らが、Hepatoblastoma由来である可能性が高いと論文を発表している事に気付きました。

Hep G2細胞は、ECACCとの交換株として入手した細胞(RCB1648)と、東北大学加齢研医用細胞資源センターから入手した細胞(RCB1886)がございます。
ECACC、東北大学加齢研医用細胞資源センター、及びATCCでも、Hepatocellular carcinoma由来として提供しています。

発表された当該論文の主旨としては、Hep G2細胞はHepatocellular carcinoma由来ではなく、Hepatoblastoma由来である可能性が高い、ということです。
こちらをご参照ください。

今後、Hep G2細胞をご利用になる際には、ご参考にして頂ければと思います。