細胞検索

細胞検索
各種 索引一覧もあります。
キーワード:
※ しぼり込み検索は、単語と単語の間にスペース(半角空白文字)を入力して下さい。
  
Update information

●新規提供株のリストはこちら
オンラインカート停止のお知らせ

細胞材料の提供について

提供までのフロー図
提供申込み
リソースの提供手数料
細胞発送予定日
12月19日(火)が年内最終発送日です。
1月9日(火)の発送分の申込締切は、
 12月27日(水)17時到着分までです。
細胞材料の送付
送付された細胞材料の再培養方法
ガラスアンプル融解方法
送付された細胞材料の再培養方法 (HPS・HES)
培養マニュアル
品質検査
よくある質問(FAQ)

お願い

• メールでお問い合わせいただく場合は、タイトルの先頭に細胞の2文字の入力をお願い致します。
• MAIL NEWS送信にお申し込み下さい。
(新着情報等が配信されます)


各種お問い合わせ先

細胞株の提供制限・使用条件


細胞材料開発室では、細胞の収集にあたって協力してくださる寄託登録者(又は細胞株樹立者・開発者)の立場を理解し、その意向を尊重し、なおかつ理研・細胞材料開発室を利用することによる科学技術の推進をはかるため、細胞材料の寄託の際、細胞株登録者から提供制限を受け入れております。

科学技術の研究においては、新しく発明・発見した事実は、人類の共有財産として万人が知り得べきものと思います。
従って、その研究材料についても共有財産の一環として扱われてしかるべきですが、一方で人間の集団内における自己表現の一つとして、新発見の先着性を主張するという避けがたい性質があります。これに経済活動に伴う利害が絡みますと、近年の国家間の知的所有権問題に象徴されるような、個人の裁量レベルを越える問題が生じてきます。

培養細胞についても、またそれから発生してくる研究結果についてもその所有権はどこにあるかというのは非常に大きな問題です。まだ議論は始まったばかりで、世界的にもコンセンサスは得られておりません(下記参考文献参照)。

提供制限条項は各細胞株ごとに記載しておりますが、寄託登録者、ユ-ザ-ともにその趣旨を十分生かしていないように見受けられます。
そこで提供制限が付随している細胞材料 (使用供給上の制限がb.またはc.のもの提供申込み参考))について、 その細胞株のユ-ザ-と寄託登録者・樹立者とで直接連絡をとりあった上、 提供承諾書に承諾の許可内容については明記する必要はございません。) を得ていただくことに致しました

細胞材料開発室としては、貴重な細胞株を貴重だからと称して結果的に死蔵することのないように積極的に寄託登録して広くユ-ザ-に便宜をはかって頂きたいと考えております。
それがまた、細胞開発者には気がつかないような研究を発展させ、共同研究者を開拓するなど、自らがユ-ザ-になった時に無償で細胞株の提供を受けられるクレジット制度とともに、研究の大きな推進力になるものと思います。


<参考文献>
Ownership of Human Tissues and Cells. Office of Technology Assessment Report (1988)